In the water

アクア3年目。30㎝CUBEから45㎝規格へさらには90スリムへステップアップ

スポンサーサイト

Posted by Honeyjapan on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.235 本気と言うにはほど遠いレイアウトをする。

Posted by Honeyjapan on   45 comments   0 trackback

更新してない間に10万ヒットを超えてしまいました。
だけどね。
ちゃんとキリ番踏んでくれた人がいます。

20150310212421e14.jpg


踏んでくれたのは














めうちゃん!!
僕のキリ番2回目です。
愛のこもったプレゼント持参します

水草の輪って素敵ですね。
一生の宝物です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


さぁ、何処まで行ったものか。
レイアウトの話からだな。
今まで本気シリーズで講義を続けてきたが、今回からは本気…とは言いがたい。

本気で取り組む姿勢は見せていこうと思う。


おっと、また申し遅れた。
私はハニ大の准教授であり、物理学者


201503101943384e6.jpg

湯ハニだ。


流木

確か前回はここからだったな。
この流木は九州流木と呼んでいる。
この流木の右側。
どんな流木を選ぶ?
(注:「九州流木とは」参照)


うむ。
物理学的に考えてみよう。
九州流木の魅力を引き出す為に、そう!
何倍にも魅力を引き出すためには…


掛け算だ。


そう。













20150225215122699.jpg

エックス流木をおけば良い。
実に興味深い。
早速置いてみよう。


20150225215125791.jpg

大胆かつ計算された配置だ。
素晴らしい。

そして箱買いした山水石を並べてインスピレーションを働かせる。

20150225215124dff.jpg


こ・これは…


20150225215126fa4.jpg

20150225215128747.jpg


物理学の道には必ず答えがあると信じている。
まさに、どうだ!
石がピッタリだ!
選んだわけではない、この石が。
運命という言葉は実証できないので好きではないが、認めても良い。
そんな気持ちになった。


2015022521521432d.jpg


力学的な面及び数学、空力、熱学様々な面から検証した結果、この配石で行くことにした。
これに手持ちの流木を配置してみる。

20150225215215df0.jpg

持っている流木全て使ってみた。


ん!?
どうしたカバオ君。質問か?
なに?
エックス流木の?
所にあるブランチが?
バッチコイに見える?

なに言ってるんだ?
呼び水でも飲んだか?


ん!?
どうしたリッツ君。
なに?
図解してきた?
どれ、見せてみろ。













20150225215217a8d.jpg

バッチコイガールがいるじゃないか!!
お前達は全く!!
廊下に立ってろ!!











ぷぷ。
ばっちこいwww
ぷぷぷっ。


い・いかん。
生徒に示しがつかん。

こうしよう。

201502252152189fa.jpg

さてシミュレーション開始だ。
陰性水草は考えても無駄だ。
置いてみて考えよう。

201502252152202b3.jpg


意外と悪くないな。
このまま疑似化粧砂を入れてみよう。

20150225215329722.jpg


う〜ん。
しかし…どうだ。
左側、九州流木の左側面が生かしきれそうにない。
殺風景ささえ感じる。

よし、ここは北海道。山に一杯いる。

2015022521533099e.jpg

鹿の角流木だ。

201502252153326b3.jpg

デカイ。
物理的力を加えて切断しよう。

20150225215333489.jpg

20150225215335fd7.jpg

これを左側に配置してみよう。












201502252153524d0.jpg

よし、かなり迫力が増した!!
実に興味深い。


ここまできたら最後まで授業を進めよう。
みんなも頑張るんだ。
お弁当食べた後は眠い。みんな同じだ。


20150225215529f66.jpg

底鉢ネットをチョイチョイと折り曲げる
この形は

201502252155275c0.jpg

ここのデットスペースにぴたりとハマる。
ここには遊びで

2015022521552880b.jpg

ソイルを入れておく。
500ml程度だ。

事前に洗って再度乾燥させておいたラプラタサンドを投入。
一応4キロ洗っておいた。

201502252155315e4.jpg



砂はハニレイザーを使う。
これは時としてハニフラッターとして使用できる。

20150225215532d90.jpg



結局この時点で2キロ程度しか使用しなかった。
この程度の計算ミスは体制に影響無い。

201502252156292ba.jpg


さぁ、いよいよ注水だが、今回は新兵器を導入した。

201502252156305a1.jpg

灯油ポンプ(798円)だ。

これがもの凄く楽だ。
揚力は少ないが、むしろこれがちょうどいい。

2015022521563250d.jpg

半分まで入ってバケツ4杯分。およそ40リットルだ。
ここからは先ほども言ったように、陰性は置いてみて考える。
どんどん置いてみよう。

20150225215633663.jpg

ソイル部分にはリッツ君からもらったコロラタを植えて置く。



残りの水40リットルを注水して、













20150225215635b51.jpg

立ち上げ完了だ。


まだ、流木が浮いてしまっている。
全体のバランスと成長を見ながら調整していこう。




これで今日の講義は終了だ。
長くなってしまったが、こういうものは一気にやらないと頭に入らないだろう。
勉強は一連の流れが重要だ。
では、また会おう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村



1ヶ月に渡って書きましたが、実はリフトアップ含めて1日です。
サクッと立ち上がりました。
まだまだ書くことはいっぱいあります
仕事が落ち着いたので、ペースアップしていきます。
90スリムの水換えがどの程度なのかが楽しみです。
今まで通りか?
もっと大変なのか?
どうだと思います?

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。