In the water

アクア3年目。30㎝CUBEから45㎝規格へさらには90スリムへステップアップ

スポンサーサイト

Posted by Honeyjapan on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.247 アクアテラリウム 水を回して分かった事

Posted by Honeyjapan on   28 comments   0 trackback

小さい頃は自由研究も絵を描いてごまかしていました。
細かい作業は大嫌い。
しかし今ではどうでしょう。
物の仕組みや構造を考えるとワクワクします。
小さい頃からこうだったら自由研究もいい物が出来ていたでしょうか。
いいえ、ギリギリまでやらないから結局絵ですねwww

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


水草水槽であれば、構図を決定し素材を使っての骨格が組上がってしまえば
ソイル入れを行い装飾、注水と流れて行ける。
今までの経験はそうであった。
しかし水草水槽でもいくつもの失敗をしてきた。
失敗は人を育てる。
私はそう思っている。


おっと、申し遅れた。
私はハニ大准教授












201508022132180c7.jpg

湯ハニ、物理学者だ。


見かけ上何となく上手く行った流木の骨格。

20150726221034cd6.jpg

流れで行けば次はブルカミア入れである。
しかし、私は思いとどまった。
果たしてこれで良いのか?
物理学者としての「カン」が私に警告を鳴らした。


このまま水を回してみよう。
この判断が後に大きな財産となる。

早速水を回してみた。



直ぐに問題点が浮上した。



問題点その1 水の流れ方

水の吐き出し地点にある流木の段差により、滝を構成したい部分に必要な水量を供給出来ない。
しかも「受け皿」

20150726203906787.jpg

この受け皿への水の供給量が難しい。
水量が少ないと水が貯まらない。
多すぎると予想しない場所でオーバーフローする。
つまり100%滝に水を供給するだけではダメなのである。


問題点その2落水音
動画を見て頂けた方はお気づきかも知れないが、
ちゃぱちゃぱ落水音が大きい。
これは、

20150802205945fa4.jpg

吐き出し口から滑り台を通って受け皿に行くのだが、
この滑り台部分の下部に

201508022059463da.jpg

隙間が出来ているのだ。
滑り台を外すと

2015080220594797f.jpg

この様に直接水面に到達してしまう。
恐らく問題点その1の副産物として、滝に不必要な水が予期せぬルートを通り
想像していなかった場所に落水しているからであろう。
私はこの対策として隙間に

20150802205949819.jpg

余っているろ材入りネットを詰め込んだ。
ろ材であれば今後閉鎖されても悪影響は出ないだろう。


問題点その3植栽する苔及び植物の種類

問題点その1,2で露見した問題を回避するために要所要所で
水をせき止める必要が出てくる。
ここは小石などに苔を巻きつけ対処するつもりなのだが、
常時びしょ濡れという環境下で育成できる苔は調べて見ると以外と少ない。
絶対使いたい苔として

20150802210426520.jpg

ホソバオキナゴケ
をチョイスしていたのだが、これは乾燥〜湿潤程度の湿り気で育成するらしい。
となると、びしょ濡れでも使える物は、
モスやホウオウゴケと言った所になるだろう。
危なくガッツリ購入してしまう所であった。



その3はともかくとして、その1の調整をし、その2の対策を施した結果がこれだ。




なかなか良好である。
落水音もキャビネットに収納するとそれほど気にならないくらいまで消音出来た。
そしてヒロセ大のyoshitaka教授から教わった秘伝を実施して、丸一日水を回してみた。
するとどうだろう。
直接水が掛かっていない流木もだんだん水が染み込んで来ているではないか。
実に興味深い。
この状態で苔を貼れば広範囲に水を供給出来そうだ。


実験は成功だ。
検証は出来たので次回は実戦に入る。
ブルカミアの投入だ。
着目すべき点は、流木のアクでブラックウォーター化する水がどこまで綺麗になるのか。
そし底面フィルターが振動してしまっている様なので、どれだけモーター動作音が消えるか。
この2点である。
課題としては、ブルカミアを入れると土台の修正が出来なくなるので
いかにしっかり組めるか。
と言った所だろうか。


今日の講義はここまでだ。
チョイスした流木や水の流し方次第ではこれ以外の問題点も出てくる事だろう。
あぁ、実に興味深い。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


はっきり言って組み立てている時が一番楽しいです。
まだまだ考えないといけない事はたくさんあります。
90スリムも手が掛からないし、ブルカミアテラも手が掛からない。
すいそうが増えても水換えの手間は増えない。
そんな理想の環境は出来上がるのでしょうか。
手が掛からないと飽きちゃいますが、
これだけ試行錯誤で作り上げればかなり愛着がわきそうです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

No.235 本気と言うにはほど遠いレイアウトをする。

Posted by Honeyjapan on   45 comments   0 trackback

更新してない間に10万ヒットを超えてしまいました。
だけどね。
ちゃんとキリ番踏んでくれた人がいます。

20150310212421e14.jpg


踏んでくれたのは














めうちゃん!!
僕のキリ番2回目です。
愛のこもったプレゼント持参します

水草の輪って素敵ですね。
一生の宝物です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


さぁ、何処まで行ったものか。
レイアウトの話からだな。
今まで本気シリーズで講義を続けてきたが、今回からは本気…とは言いがたい。

本気で取り組む姿勢は見せていこうと思う。


おっと、また申し遅れた。
私はハニ大の准教授であり、物理学者


201503101943384e6.jpg

湯ハニだ。


流木

確か前回はここからだったな。
この流木は九州流木と呼んでいる。
この流木の右側。
どんな流木を選ぶ?
(注:「九州流木とは」参照)


うむ。
物理学的に考えてみよう。
九州流木の魅力を引き出す為に、そう!
何倍にも魅力を引き出すためには…


掛け算だ。


そう。













20150225215122699.jpg

エックス流木をおけば良い。
実に興味深い。
早速置いてみよう。


20150225215125791.jpg

大胆かつ計算された配置だ。
素晴らしい。

そして箱買いした山水石を並べてインスピレーションを働かせる。

20150225215124dff.jpg


こ・これは…


20150225215126fa4.jpg

20150225215128747.jpg


物理学の道には必ず答えがあると信じている。
まさに、どうだ!
石がピッタリだ!
選んだわけではない、この石が。
運命という言葉は実証できないので好きではないが、認めても良い。
そんな気持ちになった。


2015022521521432d.jpg


力学的な面及び数学、空力、熱学様々な面から検証した結果、この配石で行くことにした。
これに手持ちの流木を配置してみる。

20150225215215df0.jpg

持っている流木全て使ってみた。


ん!?
どうしたカバオ君。質問か?
なに?
エックス流木の?
所にあるブランチが?
バッチコイに見える?

なに言ってるんだ?
呼び水でも飲んだか?


ん!?
どうしたリッツ君。
なに?
図解してきた?
どれ、見せてみろ。













20150225215217a8d.jpg

バッチコイガールがいるじゃないか!!
お前達は全く!!
廊下に立ってろ!!











ぷぷ。
ばっちこいwww
ぷぷぷっ。


い・いかん。
生徒に示しがつかん。

こうしよう。

201502252152189fa.jpg

さてシミュレーション開始だ。
陰性水草は考えても無駄だ。
置いてみて考えよう。

201502252152202b3.jpg


意外と悪くないな。
このまま疑似化粧砂を入れてみよう。

20150225215329722.jpg


う〜ん。
しかし…どうだ。
左側、九州流木の左側面が生かしきれそうにない。
殺風景ささえ感じる。

よし、ここは北海道。山に一杯いる。

2015022521533099e.jpg

鹿の角流木だ。

201502252153326b3.jpg

デカイ。
物理的力を加えて切断しよう。

20150225215333489.jpg

20150225215335fd7.jpg

これを左側に配置してみよう。












201502252153524d0.jpg

よし、かなり迫力が増した!!
実に興味深い。


ここまできたら最後まで授業を進めよう。
みんなも頑張るんだ。
お弁当食べた後は眠い。みんな同じだ。


20150225215529f66.jpg

底鉢ネットをチョイチョイと折り曲げる
この形は

201502252155275c0.jpg

ここのデットスペースにぴたりとハマる。
ここには遊びで

2015022521552880b.jpg

ソイルを入れておく。
500ml程度だ。

事前に洗って再度乾燥させておいたラプラタサンドを投入。
一応4キロ洗っておいた。

201502252155315e4.jpg



砂はハニレイザーを使う。
これは時としてハニフラッターとして使用できる。

20150225215532d90.jpg



結局この時点で2キロ程度しか使用しなかった。
この程度の計算ミスは体制に影響無い。

201502252156292ba.jpg


さぁ、いよいよ注水だが、今回は新兵器を導入した。

201502252156305a1.jpg

灯油ポンプ(798円)だ。

これがもの凄く楽だ。
揚力は少ないが、むしろこれがちょうどいい。

2015022521563250d.jpg

半分まで入ってバケツ4杯分。およそ40リットルだ。
ここからは先ほども言ったように、陰性は置いてみて考える。
どんどん置いてみよう。

20150225215633663.jpg

ソイル部分にはリッツ君からもらったコロラタを植えて置く。



残りの水40リットルを注水して、













20150225215635b51.jpg

立ち上げ完了だ。


まだ、流木が浮いてしまっている。
全体のバランスと成長を見ながら調整していこう。




これで今日の講義は終了だ。
長くなってしまったが、こういうものは一気にやらないと頭に入らないだろう。
勉強は一連の流れが重要だ。
では、また会おう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村



1ヶ月に渡って書きましたが、実はリフトアップ含めて1日です。
サクッと立ち上がりました。
まだまだ書くことはいっぱいあります
仕事が落ち着いたので、ペースアップしていきます。
90スリムの水換えがどの程度なのかが楽しみです。
今まで通りか?
もっと大変なのか?
どうだと思います?

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

No.208 いい素材がレイアウトを決める

Posted by Honeyjapan on   64 comments   0 trackback

アクアリストが集まれば話題が尽きないということが分かりました。
実に興味深い。

さぁ、久しぶりにLUCKYDAYチャンス!!
ブログ村に飛ぶバナーは一つだけ!!
1回目でブログ村に飛んだ人は明日は確実にLUCKYDAY!!
2回目でブログ村に飛んだ人は明日はいたって普通の日。
3回目の人は・・・蝋人形が・・・後ろに・・・。
さあどうぞ。


にほんブログ村



にほんブログ村


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村



皆さんは一目惚れした素材に出会ったことがあるだろうか。
そういう素材に出会う確率はフレミングの法則や、ベルヌーイの定理から導き出せるが、そう良い確率ではない。
つまり、良いなと思った素材は決して逃してはならないのだ。


私は出会ってしまった。
今回の講義はそういう内容だ。
申し遅れたが私はハニ大准教授













湯ハニ。物理学者である。


私の研究室では30Hの水槽がある。
通称ストック水槽である。



この水槽は実に調子が良い。
ガラス面にも苔が付かない。若干の黒髭だけである。
先日夜間サテライト会議にて大阪めう大の准教授にナナプチを実験素材として送ることになった。
その時、自分でも嫌な予感はしていたのだ。
そう、抑えきれない衝動を。





思わずナナプチだけを取り外すつもりが、



分解してしまった。
この時からじつは心には引っかかっていたのだ。
このレイアウトはいくらストックとはいえ・・・
ヘボい。


この段階でもう一つの事実に気づいた。
思ったよりも陰性水草が成長している
この流木の裏に置いてあったミクロソリウムトライデントも予想外に成長している。
これは仙台にゃろ大の准教授に送りつけてやろう。


流木を戻す段階にさしかかった時、大阪めう大からアヌビアスナナが届いた。
良いタイミングなので配置してみよう。



なんとも立派できれいではないか。
どう育てたらこうなるのか。実に興味深い。

しかも、



ミクロソリウム・プテロプスまで頂いた。


その結果



全く違うレイアウトとして生まれ変わった。
レイアウト変更して考察できたこと。それは、
陰性水草で一レイアウト出来そうだと言うことだ。
実に興味深い。
とは言え、実験室にある流木はここにすべて入っている。
新たにブランチウッドを買ったとしてもありきたりのイメージしか思いうかばない。











そんな時に出会ってしまったのだ。
運命の流木に。











いつもの実験材料を扱っている小売店に行った時、普段手にしない流木を手に取った。













これである。
デカイ。

ただ、これを陰性水草メインで立ち上げたら・・・
結構いけるのではないか!?
私はあらゆる方向から研究を行った。
万有引力の法則。エネルギー保存の法則。ケプラーの法則。エルニーニョ現象・・・


結果はでた。

いける!!











私はこの大型流木を持ち帰った。
この流木は一部切断しないと30センチには入らない。
これは店で何度も検証した。
であるから、一度水槽に入れて入らない部分を確かめなければならない。
それでは実験開始だ。













・・・
入った・・・


しかし、傾きが気にくわない。
予定通り切断することにしよう。
流木の位置は



こうするのが望ましい。
よって左端の突起部分は切断しよう。


高さは30Hと比較すると、



若干飛び出る。
可能であれば流木の丈も詰めたいところだ。


この流木は様々な箇所に穴が開いている。
上から見ても



良いくぼみがある。
ここにはソイルを入れて有茎草も楽しめそうだ。


レポートのまとめとして完成予想図を示そう。



石は置かない予定であるが、右側の穴部分にはニューラージパールを垂らし、その穴を魚が泳いでくれれば良いと思っている。


切断が完了すれば一度実験材料小売店に戻す。
なんとアク抜きをやってくれるというのだ。
なんと良心的なお店だろう。
その名は、BRIGHT GREEN
一応紹介しておく。


というわけで、良い素材と出会えた時には良いインスピレーションが浮かぶ。
これが相乗効果となり、良いレイアウトが生まれることだろう。


ここまでが今回の講義の内容だが・・・



こう置いた場合、45センチ水槽にも入るのだが・・・

素材のもたらすインスピレーションは溢れ出るばかりである。
実に興味深い。
ではまた次回の講義でお会いしよう。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


良い素材に出会いました。
水換えするのも、見ることさえも辛くなってきた45センチメイン水槽。
レイコンレイアウトがアオミドロにまみれています。
さきに横向きにして45に沈めてしまおうか・・・。
悩みどころだな~

~おまけ~
先週田村商店の田村さんとオフ会をさせて頂きました。
何故かメンバーがこの話題に触れないため、私が言います。
田村さんからお土産を頂きました。



まさかの北海道小麦を使った東京のお菓子。
まさにオフ会!!
おいしく頂きました。
貴重な時間有り難うございました!楽しかったです!!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。